訴訟

産業財産権から会社が得ることができる経済的利益というのは、特許の許可ないし商標やデザインパテントの登録の以後永きにわたります。しかしながら、問題なのは、果たして裁判手続において、排他的な権利が侵害者に対して首尾よく保護されるのか、ということです。

産業財産権がその権利者にもたらす実際的かつ経済的な利益の核心には、この問題が存在しています。とりわけ、権利者にとって競争力ある道具としていかにしてこれらの産業財産権が使用され得るのかに関ります。

保護されるべき権利の短期迅速な権利実現のためには、水際差止と仮差押が可能です。主要な事前に準備すべき要件が充足する限り、これらの手段は、迅速、効率的に、簡略な裁判手続きを通じて競合他社に対し貴社の権利を行使できるのです。

当所の弁理士と協働する非常に経験豊かな弁護士によって構成された当所の訴訟チームは、法律的な卓越性と技術的な高い専門性とを結び付けてご提供申し上げ、貴社のビジネスのニーズのために力強く効率的なパートナーとなります。この点は、当所の成功率からして自明のことです。

markenfinder online

特許。デザイン。欧州での商標保護

Back To Top