著作権とメディア法

著作権は、文学作品、科学及び芸術をあらゆる複製から保護するために存在します。たとえば、本、エッセイ、作曲、イメージ、デッサン、設計図などの図面、写真、映画、建築物、科学的著作物、技術的な物(データプロセッシング プログラムすらも)著作権の対象となるのです。

著作権の保護を得るために予め必要となるポイントは、当該著作物が、個人的な、知的な、そして創造的な労作であることです。当該著作物の著作者は、その著作物からその複製、展示の両方を通じ利益を得る排他的な権利を持ちます。著作権による保護は、著作者の死後70年間に及びます。

ドイツの法律実務は、数多の異なる領域の法をひとまとめにして一般的な用語であるところの「メディア法」としています。したがって、メディア法は、著作権、出版を規律するいくつかの法律、放送法、通信法、及びオンライン及びデータ保護法をも包含します。


当所のメディア法チームは、これらに関連した領域に関する専門的な助言を提供します。同時に、数多のさまざまな型のメディアすべての新たな進展について、アップデートを図ります。

markenfinder online

特許。デザイン。欧州での商標保護

Back To Top