競争法

ドイツでは、競争法は、主に「不正競争防止法」(UWG)及びその解釈によって形成された判例法解釈によって規律されています。

不正競争防止法の目的は、それぞれの市場における公正な競争を確保するために、事業遂行する会社の行動を規制することにあります。ドイツの競争法は、判例法、及び不正競争防止法の第1章及び第3章において規定される条項の解釈に関する非常に多くの裁判所の決定の影響を強く受けています
当所の法的助言は、常にビジネスの世界の実態に即したものであり、何が法的に許されるものであるか、という問題のみならず、それぞれの産業界の必要性に合わせた革新的な競争概念の進展と改良とを包含します。当所の競争法チームは、競争法の規制の下での訴訟に重点を置いて、すべての競争法の領域における長年に亘る経験を糾合しています。

当所のチームの強みは、民事上、刑事上の弁護であり、


markenfinder online

特許。デザイン。欧州での商標保護

Back To Top