ライセンス

知的財産権の権利者は、典型的にはライセンス料もしくはライセンスロイヤルティという対価の下に、もしくは無料で、当該権利対象の第三者に対する使用を許諾することができます。


ライセンス契約は、特許、実用新案、デザイン、商標、特定のノウハウに関する権利、もしくは著作権などの知的財産権に基づきます。これらの権利の権利者が、「排他的な」権利(或いは一般的な)許諾を一人のライセンス受諾者(ライセンシー)に与えた場合、このライセンシーは、当該知財件によって守られた対象に対し、唯一の権利を有することになります。これに対し、「非排他的なライセンス」もしくは「単純な」ライセンスを許諾したに過ぎない場合は、ライセンス許諾された権利の使用につき、数限りないライセンシーが存在し得るのです。


ライセンスする事項は、それぞれの指定された領域及び製品、ライセンス料、そしてその他の特定の対価、約定を記した特定のライセンス契約を必要とします。これらの書面は、大抵の場合、複雑になりますし、濫用されないためには、関係する法令の注意深く適用することを要します。


貴社がライセンス契約の作成の間、何らかの問題を明確にする必要がある場合、あるいはすべての契約当事者との間での重要な交渉を行うにおいて、当所の知識と専門性をフルにお使い頂くことで、きっと御満足頂けるでしょう。

markenfinder online

特許。デザイン。欧州での商標保護

Back To Top